前へ
次へ

社員研修を行う目的とトラブル防止

社員研修を行う主な理由は、スキル習得です。
業務遂行に必要なスキルを覚えてもらう為に、入社間もない時期に社員研修を行っている企業も多いです。
確かにそれも大切ですが、研修には別の目的もあります。
万が一のトラブルの防止です。
事業活動を行っていると、色々なトラブルが起こり得ます。
例えば個人データが外部に漏えいしてしまう可能性もありますし、顧客からのクレームもあります。
クレームがエスカレートすると、大きなトラブルに発展する可能性もありますから、注意が必要です。
しかし社員に対する研修をしっかり行っておきますと、そのトラブルを回避する事もできます。
要点を押さえておけば、個人情報が漏れてしまうのを防ぐことは十分可能です。
ですから多くの企業では、たいていセキュリティに関する研修を行っています。
クレームも同様です。
適切なクレーム処理のノウハウを教えておけば、問題点がエスカレートするのを防ぐこともできます。
ですからトラブルが起きるのが心配な時は、しっかり研修は行っておく方が良いでしょう。

Page Top